(公財)山形大学産業研究所とは

日本初の産学連携支援組織として誕生した歴史ある研究所です。

産官学連携が日常化する遥か以前、旧制米沢高等工業学校(現在の山形大学工学部)の秦逸三 教授(帝国人造絹糸株式会社(のちの帝人)創設者)は地元産業界と連携しながら、人造絹糸の製法を確立し、工業化に成功しました。このことがきっかけとなり、1947年5月、地元産業界の熱意によって、旧制米沢高等工業学校内に、日本初の産学連携支援組織、当財団の前身である「地方産業研究所」が設立されました。

産・官・学の緊密かつ適正な連携を促進し、実践的工業技術の開発を主眼とする研究の振興を図り、地域社会の科学技術、産業の発展に寄与することを目的としています。技術相談、研究助成(研究奨励金、委託研究、共同研究)、その他産官学連携事業助成(講演会、シンポジウム、セミナー等)を、随時受け付けております。

 <パンフレットをみる>

お知らせ

平成29年度収支決算報告

公益財団法人 山形大学産業研究所の 平成29年度 収支決算 をご報告いたします。 以下より、PDFでご覧いただけます。 ●正味財産増減計算書 ●正味財産増減計算書内訳表 ●貸借対照表 ●財産目録 以上

平成30年度 研究助成事業 採択研究決定

平成30年度 研究助成事業の採択研究が決定いたしました。 採択研究課題ならびに研究者は以下の通りです。(敬称略) 【若手研究者奨励】 1件 「ゼオライトとバイオフィルムを利用したバイオ・無機ハイブリット凝集剤の機能解析と …

理事長の紹介

公益財団法人山形大学産業研究所 理事長 飯塚博

〔理事長〕 飯塚 博 IIZUKA Hiroshi

〔現職等〕 山形大学工学部長
〔所属学会〕日本機械学会、日本金属学会、日本ゴム協会、日本材料学会、ベルト伝動技術懇話会、日本複合材料学会、日本自動車技術会、日本MRS、エネルギー・資源学会

法人概要

〔名称〕
 公益財団法人 山形大学産業研究所

〔所在地〕
 〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

〔電話・FAX〕
 TEL:0238-26-8360
 FAX:0238-26-8361

〔URL〕
 http://sanken-yz.com

〔定款〕
 PDFにてご覧いただけます。 <定款を見る>

〔活動目的〕
 産・官・学の緊密かつ適正な連携を促進し、
 実践的工業技術の開発を主眼とする研究の振興を図り、
 地域社会の科学技術、産業の発展に寄与すること。

 

〔役員〕
 PDFにてご覧いただけます。<評議員・役員名簿を見る>

〔沿革〕
 昭和22年5月:旧制米沢工業専門学校内「地方産業研究所」が設置。
 昭和28年3月:「産業研究所」と改称する。
 昭和34年2月:山形新聞社から山形県の3P賞を受賞。
 昭和58年9月:「財団法人山形大学産業研究所」となる。
 平成17年1月:しあわせ産業賞を受賞
 (財団法人山形しあわせ銀行産業振興基金)

〔運営〕
 基本金:104,530千円
 運営費:賛助会員会費及び事業収入

〔賛助会員制度〕
 当財団の設立目的に賛同し、会員として入会される企業及び個人
 企業:入会費10,000円・年会費1口10,000円
 個人:入会費2,000円・年会費1口2,000円
 <詳しくはこちら>

〔ご案内〕
 当研究所は、次のものを随時受け付けております。
 ・技術相談
 ・研究助成(研究奨励金、委託研究、共同研究)
 ・その他産官学連携事業助成(講演会、シンポジウム、セミナー等)

お問い合わせ

山形大学産業研究所へのお問い合わせは、コチラからお気軽にご連絡ください。なお、お急ぎの方はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。